自己鍛錬

自分の道はどうあるべきかを考察します。自分を精錬するための考え方を紹介しています。

前集101-120

前集112 周囲に媚を売ることなく、自分の信念を貫く

起 原文 曲意而使人喜 不若直躬而使人忌無善而致人譽 不若無悪而致人毀 意を曲げて人をして喜ばしむるは、躬を直して人をして忌ましむるに若かず善無くして人の誉を致すは、悪無くして人の毀を致すに若かず 躬(み)、自ら、身体;...
前集101-120

前集111 一瞬の私利私欲が生涯に汚点を残す

起 原文 公平正論 不可犯手一犯則貽羞萬世權門私竇 不可着脚一着則點汚終身 公平正論は手を犯すべからず一たび犯せば則ち羞じを萬世にのこす権門私竇は脚を着くべからず一たび着くれば則ち終身の點汚す 私竇(しとう)、竇は穴、私...
前集101-120

前集109 充実した日々であっても、日々我が行動を振り返る

起 原文 老来疾病 都是壮時招的衰後罪糵 都是盛時作的故持盈履滿 君子尤兢兢焉 老来の疾病は、すべて是れ壮時に招く的なり衰後の罪糵は、すべて是れ盛時になす的なり故に盈を持し満を履むは、君子尤も兢兢たり 罪糵(ざいげつ)、...
前集101-120

前集101 心に至誠を持てば、どんなことでも成し遂げられます

起 原文 人心一真 便霜可飛 城可隕 金石可貫若偽妄之人 形骸徒具 真宰已亡對人側面目可憎 獨居則形影自媿 人心の一たび真なれば、すなわち霜飛ばすべく、城おとすべく、金石つらぬくべし偽妄の人のごときは、形骸徒に具わるも、真宰は...
前集081-100

前集087 雑念を払い、静かな環境で自分の心を観察する時間を持つ

起 原文 静中念慮澄徹 見心之真體閒中氣象従容 識心之真機淡中意趣冲夷 得心之真味觀心証道 無如此三者 静中の念慮澄徹なれば、心の真體を見る間中の気象従容なれば、心の真機を識る淡中の意趣冲夷なれば、心の真味を得る心を観、道をさ...
前集081-100

前集085 人生は有限! ⇒ 勤勉に正々堂々と生きる

起 原文 閒中不放過 忙處有受用静中不落空 動處有受用暗中不欺隠 明處有受用 閒中に放過せざれば、忙処に受用あり静中に落空せざれば、動処に受用あり暗中に欺隠せざれば、明処に受用あり 放過、うっかりと心を放ってぼんやりと過...
前集081-100

前集084 不遇の境地になっても、質実剛健に生きる

起 原文 貧家浄払地 貧女浄梳頭 景色雖不艶麗 氣度自是風雅士君子 一當窮愁寥落 奈何輙自癈弛哉 貧家浄く地を払い、貧女浄く頭を梳れば、景色艶麗ならずといえども、気度自ら是れ風雅なり士君子一たび窮愁寥落にあたって奈何ぞすなわち...
前集061-080

前集080 「石の上にも三年」継続は力なり、「失敗は成功のもと」前向きに

起 原文 圖未就之㓛 不如保已成之業悔既往之失 不如防将来之非 未だ就らざるの功を図るは、すでに成るの業を保つに如かず既往の失を悔ゆるは、将来の非を防ぐに如かず 承 意訳 未だに成就していないことを計画するよりは、...
前集061-080

前集078 貪らざるを以て宝と為す

起 原文 人只一念貪私 便銷剛為柔 塞智為昏 變恩為惨 染潔為汚 壊了一生人品故古人以不貪為寶 所以度越一世 人は只一念貪私なれば、すなわち剛を銷して柔と為し、智を塞ぎて昏と為し、恩を変じて惨と為し、潔を染めて汚と為し、一生の...
前集061-080

前集075 真の道理は常に受け入れ、物欲は正義の観念を以て退ける

起 原文 心不可不虗虗則義理来居心不可不實實則物欲不入 心虚ならざるべからず、虚なれば則ち義理来り居る心実ならざるべからず、実なれば則ち物欲入らず 虚、むなしいこと、空虚なこと、邪心をなくした状態 承 意訳 ...
前集061-080

前集074 目先のことに一喜一憂せずに、長期的な目標を見据えて

起 原文 一苦一樂相磨練 練極而成福者 其福始久一疑一信参勘 勘極而成知者 其知始真 一苦一楽相磨練し 練極りて福を成すものはその福始めて久し一疑一信相参勘し 勘極って知を成すものはその知始めて真なり 磨錬、磨きをかける...
前集061-080

前集068 天運が来れば受け入れ、平穏無事なときでも危機への備えを怠らない

起 原文 天之機緘不測抑而伸 伸而抑皆是播弄英雄 顛倒豪傑處君子只是逆来順受 居安思危天亦無所用其伎倆矣 天の機緘は測られず抑えて伸べ、伸べて抑ふ皆是れ英雄を播弄し、豪傑を顛倒する処なり君子はただ是れ逆に来るを順に受け、安きに...
前集061-080

前集065 自分の心の中に、一筋の真理・信念を持つ

起 原文 心體光明 暗室中有青天念頭暗昧 白日下生厲鬼 心体光明なれば、暗室の中に青天有り念頭暗昧なれば、白日の下に厲鬼を生ず  暗昧(あんまい)、光がささず、暗いこと;厲鬼(れいき)、厉鬼、妖怪、幽霊 承 意訳 ...
前集041-060

前集057 一流(真)になるには、その道の一流(真)なものを追求する

起 原文 人心有一部真文章 都被殘編斷簡封錮了有一部真鼓吹 都被妖歌艶舞湮沒了學者須掃除外物 直覔本来 纔有個真受用 人心には一部の真文章有り、すべて残編断簡に封個せらる一部の真鼓吹有り、すべて妖歌艶舞に湮没せらる学者すべから...
前集041-060

前集054 書を学ぶときは雑念を払ってから読む

起 原文 心地乾浄 方可讀書學古不然見一善行竊以濟私 聞一善言假以覆短是又藉冦兵 而齎盗粮矣 心地乾浄なれば、まさに書を読み、古を学ぶべししからざれば、一の善行を見ては、密かに以て私をなし、一の善言を聞いては、借りて以て短を覆...
前集041-060

前集048 病気や邪心は目に見えないところから発生する

起 原文 肝受病 則目不能視 腎受病 則耳不能聴病受於人所不見 必發於人所共見故君子 欲無得罪於昭昭 先無得罪於冥冥 肝病を受ければ、則ち目視ること能わず、腎病を受ければ、則ち耳聴くを能わず病は人の見ざる所を受けて、必ず人の共...
前集041-060

前集047 自己鍛錬は外見よりは内面の修行を重視する

起 原文 吉人無論作用安詳 即夢寐神魂 無非和氣凶人無論行事狼戻 即聲音咲語 渾是殺機 吉人は作用の安詳を論ずること無く、即ち夢寝神魂も、和気に非ざるは無し凶人は行事の狼戻を論ずること無く、即ち声音咲語も、全て是れ殺気 ...
前集041-060

前集046 「徳の修行」には動かない信念、「国家経略」には淡泊さが必須

起 原文 進徳修道 要個木石的念頭若一有欣羨 便趨欲境濟世經邦 要段雲水的趣味若一有貧着 便堕危機 徳を進め道を修めるには、個の木石的の念頭を要す若し一たび欣羨有れば、すなわち欲境に走る世を救い邦を經するには、段の雲水的の趣味...
前集041-060

前集045 人の心の中:小さな過ちでも大きな過ちの元になる

起 原文 人人有個大慈悲 維摩屠劊無二心也處處有種真趣味 金屋茅簷非両地也只是欲蔽情封 當面錯過 使咫尺千里矣 人々個の大慈悲有り、維摩屠劊(ゆいまとかい)二心無し処々種の真趣味有り、金屋茅簷(かなやぼうえん)両地に非ずただ是...
前集041-060

前集044 自分鍛錬の「学問、道徳、読書」には一心不乱に取り組む

起 原文 學者 要収拾精神 併歸一路如修徳而留意於事㓛名譽 必無實詣讀書而寄興於吟咏風雅 定不深心 学者精神を収拾して、一路に併帰(へいき)せんことを要すもし徳を修めて、意を事功名誉に留めなば、必ず実詣なし書を読んで興を吟咏風...
PAGE TOP