極楽人生

人生を楽しく生きるための知恵です。この世の中をどのように考えれば楽しくなるかという観点からの考察です。

前集101-120

前集110 公儀、旧交、陰徳を大切にして、堅実に過ごす

起 原文 市私恩不如扶公儀結新知不如敦旧好立栄名不如種隠徳尚竒節不如謹庸行 私恩を市るは公儀を扶くるに如かず新地を結ぶは旧好をあつくするに如かず栄名を立つるは隠徳を種うるに如かず奇節をたっとぶは庸行を謹むに如かず 市る(...
前集081-100

前集091 節義を守る貞節の士には福来る

起 原文 貞士無心徼福天即就無心處牖其衷嶮人着意避禍天即就着意中奪其魄可見天之機權最神人之智巧何益 貞士は福をもとむるに心なし天はすなわち無心の処に就いてその衷を開く嶮人は禍を避くるに意をつく天はすなわち着意の中に就いてその魄...
前集061-080

前集073 人欲は捨て、世のためにどうするべきかを考える

起 原文 天理路上甚寛 稍游心 胸中便覺廣大宏朗人欲路上甚窄 纔寄迹 眼前倶是荊棘泥塗 天理路上は甚だ寛し、やや心を遊ばせば胸中すなわち覚ゆ、広大宏朗なることを人欲路上は甚だ狭し、わづかに跡を寄せば眼前ともに是れ荊棘泥塗なり ...
前集061-080

前集072 和気あいあいと温情豊かに生きる

起 原文 天地之氣 暖則生 寒則殺故性氣清冷者 受享亦凉薄唯和氣熱心之人 其福亦厚 其澤亦長 天地の気、暖なれば則ち生じ、寒ければ則ち殺す故に性気、清令なる者は受享また凉薄なりただ和気熱心の人はその福もまた厚く、その澤(たく)...
前集061-080

前集070 日々、自らの心に喜びを、周囲に人には心配りを

起 原文 福不可徼 養喜神以為召福之本而已禍不可避 去殺機以為遠禍之方而已 福はもとむべからず、喜神を養って以て福を招くの本と為さんのみ禍は避くべからず、殺機を去って以て禍に遠ざかるの方と為さんのみ 喜神、喜神の神とは神...
前集061-080

前集066 日々是好日:心配事はほどほどにして今を楽しむ

起 原文 人知名位為樂 不知無名無位之樂為最真人知饑寒為憂 不知不饑不寒之憂為更甚 人名位の楽たるを知って、名無く位なきの楽の最も真たることを知らず人飢寒の憂いたるを知って、飢えず寒えざるの憂い更に甚だしきたることを知らず ...
前集041-060

前集058 辛い時は小さな幸せを実感、幸せな時は油断禁物

起 原文 苦心中 常得悦心之趣得意時 便生失意之悲 苦心の中、常に心に悦ばしむるの趣を得得意の時、すなわち失意の悲しみを生ず 承 意訳 苦難に陥っているときにおいても、常にその心を悦ばせるような趣味を求めることがで...
前集041-060

前集055 足るを知る者、謙虚な能者は幸福になる

起 原文 奢者冨而不足何如儉者貧而有餘能者勞而府怨何如拙者逸而全真 奢る者は富みて足らず何ぞ検者の貧にして余り有るにしかん能者は労して怨みをあつむ何ぞ拙者の逸にして真を全うするにしかん 儉者、つつましくする者;能者、才能...
前集041-060

前集049 心平らかなれば、心多きの禍いたるを知る

起 原文 福莫福於少事 過莫過於多心唯苦事者 方知少事之為福 唯平心者 始知多心之為過 福(さいわい)は事少なきより福なるはなく、過(わざわい)は心多きより過なるはなしただ事に苦しむ者は、まさに事少なきの福たるを知るただ心を平...
前集041-060

前集047 自己鍛錬は外見よりは内面の修行を重視する

起 原文 吉人無論作用安詳 即夢寐神魂 無非和氣凶人無論行事狼戻 即聲音咲語 渾是殺機 吉人は作用の安詳を論ずること無く、即ち夢寝神魂も、和気に非ざるは無し凶人は行事の狼戻を論ずること無く、即ち声音咲語も、全て是れ殺気 ...
前集021-040

前集037 無駄な悪あがきは辞めて、朴訥とした淡泊な生活に徹する

起 原文 寧守渾噩而黜聰明 留些正氣還天地寧謝紛華而甘澹泊 遺個清名在乾坤 寧ろ渾噩を守りて聡明を退け、その正気を留めて天地に還せ。寧ろ粉華を謝して淡泊に甘んじ、個の清名を遺して乾坤に在け。 渾噩(こんがく)、朴訥にして...
前集021-040

前集032 世俗的な活動は徒労、多弁は騒々しい上に無駄

起 原文 居卑而後知登高之爲危處晦而後知向明之太露守静而後知好動之過勞養黙而後知多言之爲躁 卑き(ひくき)に居りて、しかして後に高きに登るの危きたることを知り晦き(くらき)に処して、しかして後に明るきに向うのはなはだ露るること...
前集021-040

前集030 窮地では初心に戻る、功名を成し遂げたら後進を育てる着眼を持つ

起 原文 事窮勢蹙之人 當原其初心功成行滿之士 要觀其末路 事きわまり勢い縮まるの人は、まさにその初心を尋ねるべし功成りて行い満るの士は、その末路を観んことを要す 承 意訳 することなすこと悉く失敗に終わり、二進も...
前集021-040

前集026 情欲に従って行動する際、その結果を考慮して慎重に

起 原文 飽後思味 則濃淡之境都消 色後思婬 則男女之見盡絶故人常以事後之悔悟 破臨事之痴迷 則性定而動無不正 飽後に味を思えば、則ち濃淡の境すべて消え、色後に婬を思えば、則ち男女の見悉く絶ゆ故に人常に事後の悔悟を以て、臨事の...
前集021-040

前集021 身近な人と笑顔で楽しく語り合う日常を大切にする

起 原文 家庭有個眞佛 日用有種眞道人能誠心和氣 愉色婉言 使父母兄弟間 形骸兩釋 意氣交流 勝於調息觀心萬倍矣 家庭個の真仏有り、日用種の真道あり人よく誠心和気、愉色婉言(ゆしょくえんげん)、父母兄弟の間をして形骸二つながら...
前集001-020

前集017 ”他人への良い行い”は”自分への良い報い”として戻ってくる

起 原文 處世譲一歩為髙退歩即進歩的張本待人寛一分是福利人實利己的根基 世に処しては、一歩を譲るを高しと為す歩を退くるは、すなわち歩を進むる的の張本人を待つに、一分を寛にするはこれ福(さいわい)人を利するは、実に己を利する的の...
前集001-020

前集012 後世に永く恩恵を残すように心がけたい

起 原文 面前的田地 要放得寛 使人無不平之歎身後的惠澤 要流得久 使人有不匱之思 面前的の田地は、放ち得て寛きを要す。人をして不平の歎(たん)なからしむ。身後的の惠澤は、流し得て長きを要す。人をして不匱(ふき)の思あらしむ。...
前集001-020

前集011 清貧を座右の銘として、名声・利益に拘り過ぎない

起 原文 藜口莧腸者 多氷清玉潔袞衣玉食者 甘婢膝奴顔葢志以澹泊明 而節従肥甘喪也 藜口莧腸(れいこうけんちょう)の者は、氷淸玉潔(ひょうせいぎょくけつ)多し。袞衣玉食(こんいぎょくしょく)の者は、婢膝奴顔(ひしつどがん)を甘...
前集001-020

前集006 晴れ晴れとした気持ちで、喜びの心を持って、楽しく生きていこう!

起 原文 疾風怒雨 禽鳥戚戚 霽日光風 草木欣欣可見天地不可一日無和気 人心不可一日無喜神 疾風怒雨には禽鳥も戚々たり、晴日光風には草木も欣々たり。見るべし天地には一日も和気なかるべからず、人心には一日も喜神なかるべからず。 ...
PAGE TOP