極楽人生

人生を楽しく生きるための知恵です。この世の中をどのように考えれば楽しくなるかという観点からの考察です。

後集061-080

後集080 人の心は変化しやすいもの

起 原文 飽諳世味 一任覆雨翻雲 総慵開眼會盡人情 随教呼牛喚馬 只是點頭 世味を飽くまで諳んずれば、覆雨翻雲に一任し、総て眼を開くに慵し人情を会し尽くせば、牛と呼び馬と喚ぶに、随教し、只是点頭す 世味(せみ)、この世の...
後集061-080

後集079 拘りや執着を持たないようにする

起 原文 烈士譲千乗 貪夫爭一文人品星淵也 而好名 不殊好利天子営家国 乞人号饔飧位分霄壤也 而焦思 何異焦聲 烈士は千乗を譲り、貪夫は一文を争ふ人品は星淵なり、而も名を好むは、利を好むに殊ならず天子は家国を営み、乞人は饔飧を...
後集061-080

後集076 旬を理解して、前向きな考え方をしよう

起 原文 伏久者 飛必髙 開先者 謝獨早知此 可以免蹭蹬之憂 可以消躁急之念 伏すこと久しき者は、飛ぶこと必ず高し、開くこと先なる者は、謝すること独り早し此れを知らば、以て蹭蹬の憂いを免るべく、以て躁急の念を消すべし 謝...
後集061-080

後集074 物欲を滅し、自分の生き方を素直に考える

起 原文 胸中既無半點物欲 已如雪消炉焔氷消日眼前自有一段空明 時見月在青天影在波 胸中既に半点の物欲無ければ、已に雪の炉焔に消え、氷の日に消ゆるが如し眼前自ら一段の空明有れば、時に月青天に在り、影波に在るを見る 半点(...
後集061-080

後集068 物塁を避けながら、楽しく生きていきたい

起 原文 魚得水逝 而相忘乎水鳥乗風飛 而不知有風識此可以超物累 可以樂天機 魚は、水を得て逝き、而も水に相忘る鳥は、風に乗りて飛び、而も風有るを知らず此を識らば、以て物累を超へ、以て天機を楽しむべし 逝(ゆ)き、泳ぎ回...
後集061-080

後集067 瓢々悠々の生活

起 原文 峩冠大帯之士 一旦睹輕蓑小笠飄飄然逸也 未必不動其咨嗟長筵廣席之豪 一旦遇疎簾浄几悠悠焉静也 未必不増其綣恋人奈何駆以火牛 誘以風馬 而不思自適其性哉 峨冠大帯の士、一旦、軽蓑小笠の飄々然として逸するを睹るや、未だ必...
後集061-080

後集066 穏やかさと慈愛の心を持つ

起 原文 心地上無風濤 随在皆青山緑樹性天中有化育 觸処見魚躍鳶飛 心地の上に風濤無ければ、在るに随いて、皆青山緑樹なり性天の中に化育有れば、処に触れて、魚躍り鳶飛ぶを見る 心地(しんじ)、心;風濤(ふうとう)、風と波;...
後集061-080

後集062 「永遠に何かが続くことはない」と悟る

起 原文 知成之必敗 則求成之心 不必太堅知生之必死 則保生之道 不必過勞 成の必ず敗るるを知れば、則ち成を求むる心、必ずしも太だ堅からず生の必ず死するを知れば、則ち生を保つの道、必ずしも過労ならず 承 意訳 成功...
後集041-060

後集060 あるがままの日常を楽しむ

起 原文 有一樂境界 就有一不樂的相對待有一好光景 就有一不好的相乗除只是尋常家飯 素位風光 纔是個安樂的窩巣 一の楽境界有れば、就ち一の不楽的の相対待する有り一の好光景有れば、就ち一の不好的の相乗除する有り只是れ尋常の家飯、...
後集041-060

後集053 無理に富を求めようとはせず、清貧の暮らしを楽しむ

起 原文 多藏者厚亡故知冨不如貧之無慮髙歩者疾顛故知貴不如賤之常安 多く蔵する者は、厚く亡ふ故に富は貧の慮り無きに如ざるを知る高く歩む者は、疾く顛る故に、貴は賤の常に安きに如かざるを知る 慮り、おもんばかり、心配;疾(は...
後集041-060

後集052 広い視野で長い時代の流れを感じながら

起 原文 欲其中者 波沸寒潭 山林不見其寂虗其中者 凉生酷暑 朝市不知其喧 其の中を欲にする者は、波、寒潭に沸き、山林もその寂を見ず其の中を虚にする者は、凉、酷暑に生じ、朝市も其の喧を知らず 寒潭(かんたん)、冷たく澄ん...
後集041-060

後集051 肉体の衰えは嘆くよりは、今を楽しく生きよう

起 原文 髪落歯疎 任幻形之彫謝鳥吟花咲 識自性之真如 髪落ち歯疎らにして、幻形の彫識するに任せる鳥吟じ花咲いて、自性の真如を識る 幻形(げんけい)、幻しの肉体;彫識(ちょうしゃ)、しぼみ滅びる;自性(じしょう)、本性、...
後集041-060

後集048 周囲をどう感じるかは、自分の心の持ち方次第

起 原文 機動的 弓影疑為蛇蝎 寝石視為伏虎此中渾是殺氣念息的 石虎可作海鷗 蛙聲可當鼓吹 觸処倶見真機 機動く的は、弓影も疑いて蛇蝎と為し、寝石も視て伏虎と為す此中渾て是れ殺気なり念息む的は、石虎も海鷗と作し、蛙声も鼓吹に当...
後集041-060

後集041 活き活きと自分の人生を楽しむ

起 原文 出世之道 即在渉世中 不必絶人以逃世了心之㓛 即在盡心内 不必絶欲以灰心 出世の道は、即ち世を渉る中に在り、必ずしも人を絶ち以て世を逃れず了心の功は、即ち心を尽す内に在り、必ずしも欲を絶ち以て心を灰にせず 出世...
後集021-040

後集037 あるがままを楽しむ心の余裕がほしい

起 原文 山林是勝地 一営恋便成市朝書画是雅事 一貪痴便成商賈葢心無染着 欲界是仙都心有係恋 樂境成苦海矣 山林は是れ勝地なり、一たび営恋すれば、便ち市朝と成る書画は是れ雅事なり、一たび貪癡すれば、便ち商賈と成る蓋し、心に染著...
後集021-040

後集034 シンプルライフで、自分の趣を感じとる

起 原文 悠長之趣 不得於醲釅 而得於啜菽飲水惆悵之懐 不生於枯寂 而生於品竹調絲固知濃所味常短 淡中趣獨真也 悠長の趣は、醲釅に得ずして、菽を啜り水を飲むに得惆悵の懐は、枯寂に生ぜずして、竹を品し絲を調ぶるに生ず固に知る、濃...
後集021-040

後集032 真実をとらえて悠々自適に

起 原文 嗜寂者 觀白雲幽石而通玄趨栄者 見清歌妙舞而忘倦唯自得之士 無喧寂 無栄枯 無往非自適之天 寂を嗜む者は、白雲幽石を観て玄に通ず栄に趨る者は、清歌妙舞を見て倦を忘る唯、自得の士は、喧寂無く、栄枯無く、往くとして自適の...
後集021-040

後集030 足るを知る者は、人生を楽しむことを知る!

起 原文 貪得者 分金恨不得玉 封公怨不受侯 權豪自甘乞丐知足者 藜羮旨於膏梁 布袍煖於狐貉 編民不譲王公 得ることを貪る者は、金を分っても玉を得ざるを恨み、公に封ぜられて侯を受けざるを怨む権豪なるも自から乞丐に甘んず足ること...
後集021-040

後集028 「辛い状況」も自分の価値観を変えて、楽しむ余裕を持つ

起 原文 熱不必除 而除此熱悩 身常在清凉台上窮不可遣 而遣此窮愁 心常居安樂窩中 熱は必ずしも除かず、而も此の熱悩を除けば、身は常に清凉台上に在らん窮は遣るべからず、而も此の窮愁を遣らば、心は常に安楽窩中に居らん 承 ...
後集021-040

後集025 清も濁も楽しむ

起 原文 爭先的經路窄 退後一歩自寛平一歩濃艶的滋味短 清淡一分自悠長一分 先を争う的の径路は窄く、一歩を退後すれば、自ら一歩を寛平にす濃艶的の滋味は短かく、一分を清淡にすれば、自ら一分を悠長にす 寛平(かんぺい)、地形...
PAGE TOP