指導者考

古代中国の君子と言われる立場、組織のトップなど、指導的な立場になったときに考慮しておくと良い考えです。

前集101-120

前集117 組織のトップは、時代を先読みする努力が必要

起 原文 衰颯的景象 就在盛滿中發生的機緘 即在零落内故君子 居安宜操一心以慮患處變當堅百忍以圖成 衰颯的の景象は、すなわち盛満の中に在り発生的の機緘は、すなわち零落の内に在り故に君子は、安きに居ては宜しく一心を操って以って患...
前集101-120

前集114 英雄は、小事を大切に、陰徳を積み、強いハートを持つ

起 原文 小處不滲漏 暗中不欺隠 末路不怠荒纔是個真正英雄 小処滲漏せず、暗中欺隠せず、末路怠荒せずわずかに是れ個の真正の英雄なり 滲漏(しんろう)、液体が外ににじみ出ること;末路、人生のどん底のような状態;怠荒(たいこ...
前集101-120

前集106 心の中は自由自在、実際の行動は熟考を重ねて

起 原文 士君子 持身不可輕輕則物能撓我 而無悠閒鎮定之趣用意不可重重則我為物泥 而無瀟洒活溌之機 士君子、身を持するには軽々しくすべからず軽々しくすれば則ち物よく我れを撓めて、悠閒鎮定の趣なし意を用いるには重々しくすべからず...
前集101-120

前集103 功名富貴からの束縛から自由になり、自分の本心を見直す

起 原文 以幻迹言 無論㓛名冨貴 即肢體亦属委形以真境言 無論父母兄弟 即萬物皆吾一體人能看得破 認得真 纔可任天下之負担 亦可脱世間之韁銷 幻迹を以て言えば、功名富貴を論ずるなく、即ち肢体もまた委形に属す真境を以て言えば、父...
前集081-100

前集095 学問を修めた人は、高い徳で行動すべき

起 原文 君子而詐善 無異小人之肆悪君子而改節 不及小人之自新 君子にして善を詐るは、小人の悪をほしいままにするに異なるは無し君子にして節を改むるは、小人の自ら新たにするに及ばず 改節、節操(自分の信じる主義・主張)を変...
前集081-100

前集082 物事の対処には、静動のメリハリをつける

起 原文 風来疎竹 風過而竹不留聲雁度寒潭 雁去而潭不留影故君子 事来而心始現 事去而心随空 風疎竹に来る、風過ぎて竹声を留めず雁寒潭をわたる、雁、去りて潭、影を留めず故に君子、事来りて心始めて現れ、事去りて心随って空し ...
前集061-080

前集076 指導者は、潔白も汚穢も全て受け入れる度量を持つ

起 原文 地之穢者多生物 水之清者常無魚故君子當在含垢納汚之量不可持好潔獨行之操 地の穢れる者は多く物を生ず 水の清める者は常に魚無し故に君子はまさに垢を含み、汚を納るるの量を存すべし潔を好み、独り行くの操を持すべからず ...
前集061-080

前集071 指導者考:自分の成功には沈黙、部下の成功には賞賛を

起 原文 十語九中 未必稱竒 一語不中則愆尤駢集十謀九成 未必歸㓛 一謀不成則訾議叢興君子所以寧黙毋躁 寧拙毋巧 十語九あたるも未ぞ必ずしも奇と称せず、一語あたらざれば則ち愆尤ならび集まる十謀九成るも未だ必ずしも功を帰せず、一...
前集061-080

前集063 指導者は、物欲は捨て、完全円満を求めず

起 原文 欹器以滿覆 撲滿以空全故君子寧居無不居有 寧處缼不處完 欹器は満を以て覆り、撲満は空を以て全し故に君子は寧ろ無に居て有に居らず、缼に処して完に処せず 欹器(いき)=「宥坐の器」(ゆうざのき)、水を入れる容器で、...
前集041-060

前集048 病気や邪心は目に見えないところから発生する

起 原文 肝受病 則目不能視 腎受病 則耳不能聴病受於人所不見 必發於人所共見故君子 欲無得罪於昭昭 先無得罪於冥冥 肝病を受ければ、則ち目視ること能わず、腎病を受ければ、則ち耳聴くを能わず病は人の見ざる所を受けて、必ず人の共...
前集041-060

前集041 君子たる者は、濃艶過ぎても、淡泊過ぎてもダメです

起 原文 念頭濃者 自待厚 待人亦厚 處處皆濃念頭淡者 自待薄 待人亦薄 事事皆淡故君子 居常嗜好 不可太濃艶 亦不宜太枯寂 念頭こまやかなる者は、自ら待つこと厚く、人を待つこともまた厚く、処々皆こまやかなり念頭淡き者は、自ら...
前集021-040

前集039 弟子を教育する環境:悪い習慣を持った人間と隔離する

起 原文 教弟子如養閨女最要嚴出入謹交游若一接近匪人是清浄田中下一不浄種子便終身難植嘉禾 弟子を教えるには閨女を養うが如し最も出入を厳にし、交遊を謹むことを要すもし一たび匪人に接近せば、是れ清浄田中に、一の不浄の種子を下すなり...
前集021-040

前集023 説教・指導の際は相手の立場を十分に考慮してから

起 原文 攻人之惡 毋太嚴 要思其堪受敎人以善 毋過高 當使其可従 人の悪を攻むるに、はなはだ厳なることなかれ、その受くるに堪うるを思うことを要す人を教うるに善を以てせば、高きに過ぐることなかれ、当にそれをして従うべからしむべ...
前集001-020

前集008 人の上に立つ人は「閑の中に緊」「忙の中に閑」を見出す

起 原文 天地寂然不動 而氣機無息少停日月晝夜奔馳 而貞明萬古不易故君子 閒時要有喫緊的心思 忙處要有悠閒的趣味 天地は寂然として動かず、しかも気機は息むことなく、停まること少し。日月は昼夜に奔馳す、しかも貞明は万古にかわらず...
前集001-020

前集003 トップの心得 真意はわかりやすく & 自己アピールは控えめに

起 原文 君子之心事 天青日白 不可使人不知君子之才華 玉韞珠藏 不可使人易知 君子の心事は、天青く日白く、人をして知らざらしむべからず。君子の才華は、玉包まれ珠蔵る、人をして知り易からしむべからず。 承 意訳 組...
前集001-020

前集002 師匠は、”世渡り上手”よりも”純粋で裏表のない人物”が良い

起 原文 渉世淺 點染亦淺 歴事深 機械亦深故君子與其練達 不若朴魯與其曲謹 不若疎狂 世を渉ること浅ければ、点染もまた浅くし。事を歴ること深ければ、機械もまた深し。故に君子はその練達ならんよりは朴魯なるにしかず。その曲謹なら...
PAGE TOP