後集061-080

後集061-080

後集064 心に余裕を持って、大自然の素晴らしさを自覚する

起 原文 林間松韻 石上泉聲 静裡聴来 識天地自然鳴佩草際煙光 水心雲影 閒中觀去 見乾坤最上文章 林間の松韻、石上の泉声、静裡に聴き来れば、天地自然の鳴佩を識る草際の煙光、水心の雲影、閑中に観去れば、乾坤最上の文章を見る ...
後集061-080

後集063 自分の考えを持ち、周囲に流されないように

起 原文 古徳云 竹影掃堦塵不動月輪穿沼水無痕吾儒云 水流任急境常静花落雖頻意自閒人常持此意 以応事接物 身心何等自在 古徳云う、「竹影、堦を掃うも、塵動かず」「月輪、沼を穿つも、水に痕なし」吾が儒云う、「水流、急に任せて、境...
後集061-080

後集062 「永遠に何かが続くことはない」と悟る

起 原文 知成之必敗 則求成之心 不必太堅知生之必死 則保生之道 不必過勞 成の必ず敗るるを知れば、則ち成を求むる心、必ずしも太だ堅からず生の必ず死するを知れば、則ち生を保つの道、必ずしも過労ならず 承 意訳 成功...
後集061-080

後集061 身も心も大自然の赴くに任せる

起 原文 簾櫳髙敞 看青山緑水呑吐雲煙 識乾坤之自在竹樹扶疎 任乳燕鳴鳩送迎時序 知物我之両忘 簾櫳高敞、青山緑水の雲煙を呑吐するを看て、乾坤の自在なるを識る竹樹扶疎、乳燕鳴鳩の時序を送迎するに任せて、物我の両つながら忘るるを...
PAGE TOP