前集001-020

前集001-020

前集020 何かを成し遂げるときは自分を客観的に眺める余裕がほしい

起 原文 事事 留個有餘不盡的意思 便造物不能忌我 鬼神不能損我若業必求滿 巧必求盈者 不生内變 必召外憂 事事、個の有余不尽的の意思を留むれば、すなわち造物も我を忌むこと能わず、鬼神も我を損すること能わず。若し業必ず満を求め...
前集001-020

前集019 名誉は独り占めせず、不名誉は分かち合う

起 原文 完名美節 不宜獨任分些與人 可以遠害全身辱行汚名 不宜全推引些歸己 可以韞光養徳 完名美節は宜しく独りに任ずべからず些を分って人に与えて、以て害を遠け身を全うすべし辱行汚名は宜しく全く推すべからず些を引いて己に帰し、...
前集001-020

前集018 功績が上がったときは“周囲に対する感謝”を忘れない

起 原文 葢世㓛勞 當不得一個矜字弥天罪過 當不得一個悔字 世をおおうほどの功労も、一個の矜の字に当り得ず天にわたるの罪過も、一個の悔の字に当り得ず 矜、自慢すること 承 意訳 一世を風靡するような功績であっ...
前集001-020

前集017 ”他人への良い行い”は”自分への良い報い”として戻ってくる

起 原文 處世譲一歩為髙退歩即進歩的張本待人寛一分是福利人實利己的根基 世に処しては、一歩を譲るを高しと為す歩を退くるは、すなわち歩を進むる的の張本人を待つに、一分を寛にするはこれ福(さいわい)人を利するは、実に己を利する的の...
前集001-020

前集016 利益は分相応のみを得る。修行は分相応以上に取り組む。

起 原文 寵利毋居人前 徳業毋落人後受享毋踰分外 修為毋減分中 寵利は人の前に居ることなかれ、徳業は人の後に落つることなかれ。受享は分外にこゆることなかれ、修為は分中に減ずることなかれ。 承 意訳 他人から利益を得...
前集001-020

前集015 友人との交流に「義侠心」、自分の心中には「素心」が必要

起 原文 交友 須帯三分侠氣作人 要在一點素心 友に交わるには、須らく三分の侠気を帯ぶべし。人と作る(なる)には、一点の素心を存することを要す。 侠気、人の艱難を救い、弱気きを助け強きを挫くという男気. 承 意訳 ...
前集001-020

前集014 道を究める際は、俗情を排して純粋な心で取り組む

起 原文 作人無甚髙遠事業 擺脱得俗情 便入名流為學無甚增益㓛夫 減除得物累 便超聖境 人となりて甚だ高遠の事業なきも、俗情を排脱し得ば、すなわち名流に入る。学を為して甚だ増益の工夫なきも、物累を減除し得ば、すなわち聖境に超ゆ...
前集001-020

前集012 後世に永く恩恵を残すように心がけたい

起 原文 面前的田地 要放得寛 使人無不平之歎身後的惠澤 要流得久 使人有不匱之思 面前的の田地は、放ち得て寛きを要す。人をして不平の歎(たん)なからしむ。身後的の惠澤は、流し得て長きを要す。人をして不匱(ふき)の思あらしむ。...
前集001-020

前集013 他人が欲しがるものは、少しそれを譲る謙虚さと余裕を持つ

起 原文 經路窄處 留一歩與人行滋味濃的 減三分譲人嗜此是渉世一極安樂法 徑路窄きところに、一歩を留めて人の行くに与え滋味こまやかなる的は、三分を減じて人の嗜むに譲るこれは是れ世を渉る一の極安與法なり 窄處、幅の狭いとこ...
前集001-020

前集011 清貧を座右の銘として、名声・利益に拘り過ぎない

起 原文 藜口莧腸者 多氷清玉潔袞衣玉食者 甘婢膝奴顔葢志以澹泊明 而節従肥甘喪也 藜口莧腸(れいこうけんちょう)の者は、氷淸玉潔(ひょうせいぎょくけつ)多し。袞衣玉食(こんいぎょくしょく)の者は、婢膝奴顔(ひしつどがん)を甘...
前集001-020

前集009 一人静かな環境で、自分を振り返る時間を作る

起 原文 夜深人静 獨坐觀心 始覺妄窮而真獨露毎於此中 得大機趣既覺真現而妄難逃 又於此中 得大慚忸 夜深く人静かなるとき、独り坐して心を観れば、始めて妄窮まりて真独り露はるるを覚えるつねにこの中に於て、大機趣を得ん既に真現じ...
前集001-020

前集010 うまく行っているときは慎重に、失敗続きでも諦めない

起 原文 恩裡由来生害故快意時 須早回頭敗後或反成㓛故拂心處 莫便放手 恩裡由来害を生ず。故に快意の時、すべからく早く頭を回すべし。敗後あるいは反って功を成す。故に心にもとるところ、すなわち手を放つことなかれ 恩裡、恩恵...
前集001-020

前集007 人生の修行においては、奇抜ではなく、正攻法で徳を積む

起 原文 醲肥辛甘非真味 真味只是淡神竒卓異非至人 至人只是常 醲肥辛甘は真味にあらず、真味はただこれ淡。神奇卓異は至人にあらず、至人はただこれ常。 醲肥辛甘、のうひしんかん、濃い酒、肥えた肉、山椒や胡椒のような辛いもの...
前集001-020

前集008 人の上に立つ人は「閑の中に緊」「忙の中に閑」を見出す

起 原文 天地寂然不動 而氣機無息少停日月晝夜奔馳 而貞明萬古不易故君子 閒時要有喫緊的心思 忙處要有悠閒的趣味 天地は寂然として動かず、しかも気機は息むことなく、停まること少し。日月は昼夜に奔馳す、しかも貞明は万古にかわらず...
前集001-020

前集005 耳が痛いような忠言・諫言こそが、人間を成長させる

起 原文 耳中常聞逆耳之言 心中常有拂心之事 纔是進徳修行的砥石若言言悦耳 事事快心 便把此生埋在鴆毒中矣 耳中常に逆らうの言を聞き、心中常に心にもどる事あれば、わずかにこれ進徳修行的の砥石なし。もし言々耳を悦ばし、事々心を快...
前集001-020

前集006 晴れ晴れとした気持ちで、喜びの心を持って、楽しく生きていこう!

起 原文 疾風怒雨 禽鳥戚戚 霽日光風 草木欣欣可見天地不可一日無和気 人心不可一日無喜神 疾風怒雨には禽鳥も戚々たり、晴日光風には草木も欣々たり。見るべし天地には一日も和気なかるべからず、人心には一日も喜神なかるべからず。 ...
前集001-020

前集004 裏も表も全て知ったうえで、正しい行動を選ぶことが素晴らしい

起 原文 勢利紛華 不近者為潔 近之而不染者為尤潔智械機巧 不知者為髙 知之而不用者為尤髙 勢利紛華は近づかざるものを潔しとなす、之れに近づきて、しかして染まざるものを最も潔しとなす。智械機巧は知らざるものを高しとなる、之れを...
前集001-020

前集003 トップの心得 真意はわかりやすく & 自己アピールは控えめに

起 原文 君子之心事 天青日白 不可使人不知君子之才華 玉韞珠藏 不可使人易知 君子の心事は、天青く日白く、人をして知らざらしむべからず。君子の才華は、玉包まれ珠蔵る、人をして知り易からしむべからず。 承 意訳 組...
前集001-020

前集002 師匠は、”世渡り上手”よりも”純粋で裏表のない人物”が良い

起 原文 渉世淺 點染亦淺 歴事深 機械亦深故君子與其練達 不若朴魯與其曲謹 不若疎狂 世を渉ること浅ければ、点染もまた浅くし。事を歴ること深ければ、機械もまた深し。故に君子はその練達ならんよりは朴魯なるにしかず。その曲謹なら...
前集001-020

前集001 権力にへつらうことなく、自分の信じた道を歩む

起 原文 棲守道徳者 寂寞一時依阿權勢者 凄凉萬古達人觀物外之物 思身後之身寧受一時之寂寞 毋取萬古之凄凉 道徳に棲守する者は、一時に寂寞たり。権勢に依阿する者は、万古に凄凉たり。達人は物外のものを観、身後の身を思う。寧ろ一時...
PAGE TOP